開発中の全固體リチウムイオン電池(左が圧粉型、右2つが塗工型)(寫真:NEDO)

EV(電気自動車)の競爭力を飛躍的に高める“夢の電池”──。そう期待されてきた次世代電池の筆頭格が、全固體のリチウムイオン電池だ。

全固體電池とは、電池の正極と負極の間にあり、リチウムイオンが移動して電気を流す「電解質」に、現在使われている液體ではなく固體の材料を用いたものだ。

これが実用化されれば、航続距離や電池の壽命を延ばし、充電時間を短縮し、電池を燃えにくくするなどの利點がある。EVの抱える課題の解決につながるとあって、開発競爭はここ數年激しさを増してきた。電池メーカーや自動車メーカーに加え、素材メーカーやスタートアップ企業も相次ぎ參入している。関連特許の出願數などで先頭集団を引っ張るのは、日本のトヨタ自動車だ。

EVへの搭載に重大課題

が、そのトヨタから衝撃的な発表があった。

「現時點では、全固體電池をハイブリッド車(HV)に活用することが性能的にはいちばん近道だ」。