鹿島、竹中工務店、清水建設を幹事にゼネコン16社で結成されたRXコンソーシアムの幹部(RXコンソーシアム提供)
スーパーゼネコンの鹿島、竹中工務店、清水建設を幹事とする建設會社16社は9月、技術連合組織「RXコンソーシアム」の設立を発表した。16社は共同で建設ロボットやIoT分野の開発、普及に挑む。
16社の売上高を合計すると、ゼネコン?建設業界全體の20%近くを占める。江戸?明治時代に創業し、創業家が経営の中樞を擔う獨立獨歩の會社が少なくないゼネコン?建設業界において、このような大型の技術連攜組織が誕生するのは異例のことだ。
RXコンソーシアムは人手不足や生産性の低さなどを解決するきっかけとなるのか。幹事3社(鹿島、竹中工務店、清水建設)提攜のまとめ役を擔い、RXコンソーシアムの初代會長に就いた鹿島の伊藤仁専務執行役員に、設立経緯や今後の展開を尋ねた。

増え続けるコンソーシアム參加企業

――RXコンソーシアムはゼネコン16社でスタートしました。スーパーゼネコンだけでなく、戸田建設や前田建設工業など大手?準大手クラスも軒並み參加する大型の組織です。

10月に行われた第1回の運営委員會で、さらに2社加わることが決まった。11月下旬の2回目の運営委員會でも、もう1社加わることが確実だ。飛島建設、東洋建設、矢作建設工業の3社で、19社連合になる。

それ以外の2社からも問い合わせが來ている。設立時はゼロだった協力會員(通信、ソフト開発といったゼネコン以外の企業)についても、約10社から問い合わせが來ている。